美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
脱毛をしたい場合は、脱毛効果が高い方法を選ぶことが大切です。

せっかく貴重なお金と時間を使って脱毛をしても、期待している効果が得られないのではもったいないでしょう。

脱毛方法には種類がありますので、それぞれの仕組みや特徴、メリット・デメリットをしっかり理解したうえで選択することが大切です。主な脱毛方法としては、クリニックで行う医療レーザー脱毛やエステサロンで行う光脱毛などがあげられます。

その中でも医療レーザー脱毛は脱毛効果や費用、施術回数などで優位性があるといわれています。 医療レーザー脱毛には光脱毛にはない魅力があるのでおすすめです。

そこで、医療レーザー脱毛の仕組みや効果、光脱毛との効果の違いや料金・施術回数・施術者などの相違点をご紹介します。さらに、医療レーザー脱毛の種類についてもお伝えします。


医療レーザー脱毛ってどんな脱毛方法?

永久脱法に分類される医療レーザー脱毛を理解するためには、永久脱毛の定義と脱毛の仕組みを把握することが大切です。

まず永久脱毛についてです。

初めて脱毛をしようと考えている女性の中には、エステサロンでの光脱毛でも永久脱毛できると考えている人がいるかもしれませんがそれは誤解です。日本では永久脱毛に関する独自の定義は特に定められていません。

そのため、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が定めている定義を流用しているのが現状です。

永久脱毛といっても施術後生涯にわたって毛が生えてこないというわけではありません。FDAの定義によると、永久脱毛とはレーザー照射3回の施術をしたあと6カ月にわたって67%毛が減少している状態が維持されることをいいます。

医療レーザー脱毛はこの定義に当てはまる効果が得られます。

次に医療レーザー脱毛の仕組みです。

まず医療レーザー脱毛機を使って脱毛したい箇所にレーザーを照射します。照射されたレーザーは毛穴にあるメラニン色素に反応して高温になり、毛が生えてくる毛乳頭などの組織を破壊するのが脱毛の仕組みです。毛乳頭などの組織を破壊してしまえば毛が生えてこなくなるというわけです。

もちろん、1回の照射で必要なすべての個所を焼き切ることはできませんので、何度かに分けて照射することになります。それでも、照射するレーザーの出力が高いため照射された箇所については効果的に脱毛効果を得ることができる特徴があります。

ただし、日焼けをしていたり皮膚表面にメラニン色素沈着があったりする場合はレーザー照射により火傷が発生するリスクがありますので、すべての箇所に照射できるとは限らない点はデメリットです。それでも効果的に永久脱毛できる仕組みですので、医療レーザー脱毛は高い脱毛効果を得たい女性の強い味方といえるでしょう。

医療レーザー脱毛で得られる効果

医療レーザー脱毛を選ぶにあたっては、その効果を理解しておくことも大切です。

医療レーザー脱毛で得られる効果は主に4つあげられます。

1つ目は、高い脱毛効果です。

医療レーザー脱毛は永久脱毛に分類される脱毛方法ですので、高い脱毛効果が得られる特徴があります。

脱毛処理を行っても、すぐにまた毛が生えてきてしまうようであれば繰り返し脱毛のために通うことになってしまいます。しかし、永久脱毛であれば高い脱毛効果を確実に実感できるはずです。費用も時間も節約できるでしょう。

2つ目は、剛毛の人でも高い脱毛効果が得られることです。

医療レーザー脱毛機から照射されるレーザーの出力は高いため効率的に脱毛できます。

特に剛毛の場合にはレーザーへの反応度が上がり、脱毛しやすくなることが医療レーザー脱毛のメリットだといわれています。エステサロンでの光脱毛ではうまくいかないケースでも、医療レーザー脱毛であれば永久脱毛できる点が魅力です。

3つ目は、安全性です。

医療レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関で医師だけが行うことができる脱毛方法です。

肌の専門家である医師が常駐していますので、安全性を考慮しながら脱毛処理を行ってくれることが期待できます。美肌実現に関する相談にも乗ってくれるでしょう。専門家として肌トラブルを未然に防ぎながら脱毛してくれますので安心して任せられるメリットがあります。

4つ目は、ワキガ軽減効果です。

ワキガに悩む人は脇の毛を処理することでワキガを軽減できるメリットがあります。毛乳頭から確実に破壊してくれますのでワキガの発生源を断つことができる点が魅力です。

光脱毛との違いは何?

医療レーザー脱毛の魅力を理解するためには、光脱毛との違いを知っておくことが大切です。

4つの点で比較すると違いがよく理解できるでしょう。

1つ目は、効果の違いです。

まず把握しておきたいのは、光脱毛は永久脱毛ではないということです。

エステサロンなどで受けられる光脱毛に使用される脱毛機は、医療用として認められる高レベルの出力でレーザーを照射することはできません。高出力のレーザーを照射する脱毛機はクリニックなどの医療機関で医師と看護師だけが使用できることになっています。

そのため、光脱毛の効果は医療レーザー脱毛には及ばないのです。一方、医療レーザー脱毛は永久脱毛の基準を満たす高い脱毛効果が得られます。

2つ目は、料金の違いです。

費用については光脱毛の方が医療レーザー脱毛よりも1回あたり安い料金設定になっています。

ただし、費用が安い分、得られる効果は小さくなります。ですから、脱毛効果重視の女性の場合は、光脱毛の費用が安いことはメリットとはいえないでしょう。

3つ目は、施術回数です。

施術回数が多くなれば脱毛効果が実感できるまでの時間が長くなってしまいます。

忙しい女性の場合は何度も施術に通うことができないというケースもあるでしょう。

施術回数は少ない方が有利といえます。光脱毛は照射出力が弱いなどの理由から効果を実感できるまでに必要な施術回数は多くなる傾向があります。クリニックとエステサロンで標準的な回数に違いはありますが、一般的には光脱毛の場合は15~20回の施術が必要です。

一方、医療レーザー脱毛の場合は5~10回程度で済むでしょう。

4つ目は施術者の違いです。

医療レーザー脱毛は医師と看護師だけが使える脱毛方法です。光脱毛は医師でなくてもできるという違いがあります。

医療レーザー脱毛機の種類

医療レーザー脱毛は、脱毛機を使用します。

脱毛機は主に3種類あるので、違いについても知っておくとよいでしょう。

3種類の名称はアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザーです。

まずアレキサンドライトレーザーについてご紹介します。

このタイプの脱毛機はほかの脱毛機と比較すると波長が短いという点が特徴です。脱毛効果だけでなくシミやアザの治療にも使われるレーザー脱毛機として知られています。

次はダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーの特徴はメラニンだけに反応するため、肌へのダメージが少ないことです。照射されたレーザーは皮膚表面を通過して毛母細胞だけにダメージを与えます。ただし、成長期の毛にしか反応しないため、毛周期に合わせて何度が施術を行う必要はあるでしょう。

最後はヤグレーザーです。

この脱毛機は、シミ対策や美肌治療にも活用されています。照射されるレーザーは表面を通過して効果的に深部に到達しますので、肌の色が黒い人にも使用できることがメリットです。

医療レーザー脱毛といっても、使用する脱毛機によって特徴が違います。クリニックに行ったら、まずカウンセリングをしっかり受けることが重要になります。自分に合ったレーザー脱毛機を使用して脱毛を行うようにしましょう。

効果を活かすための施術を受けよう

高い脱毛効果を得たい場合は、医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛に使用される脱毛機は高出力のレーザー照射が可能で、永久脱毛効果が得られる魅力があります。

光脱毛は費用も安く、医療機関ではないエステサロンでも手軽に施術を受けることができますが、永久脱毛効果は得られません。また、光脱毛は医師でなくても施術できる脱毛方法です。

医療レーザー脱毛は医師と看護師だけにしかできない脱毛方法ですので、肌トラブルを防ぐという観点からもメリットがあるといえるでしょう。ただし、医療レーザー脱毛は脱毛機の種類によって効果が変わってくる場合があります。

そのため、しっかりカウンセリングを行ったうえで医療レーザー脱毛を受けることをおすすめします。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら