美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

ムダ毛の処理にかかる手間や時間を減らすために、脱毛を希望する女性は多いでしょう。専用の機器を使用した脱毛は、知識と技術を持った専門家によって行われます。脱毛サロンや皮膚科・美容外科などのクリニックで施術を受けることが可能です。専門家による脱毛の施術を受けると、自己処理を行ったときに発生するようなひどい肌荒れが起こりにくいため、肌をきれいに保てるメリットもあります。
しかし、日焼けをすると脱毛ができなくなるのを知っているでしょうか。日焼けが脱毛の仕組みや肌の状態に悪影響を与えるためです。屋外で活動する機会が多い人や、日焼けを好む人は特に注意が必要になります。また、日焼けをしてしまった場合は、適切な対処をしなければなりません。ここでは、脱毛と日焼けの関係性や、日焼けしてしまったときの対処方法などを紹介します。

脱毛中の日焼けがNGな理由


日焼けが制限される期間は、脱毛を始める前だけではありません。脱毛の施術を受けている期間中はずっと、日焼けをしないように注意が必要です。光脱毛や医療レーザー脱毛では、毛根や毛に含まれているメラニン色素に照射を行い、ダメージを与えて脱毛を促します。また、日焼けも肌に紫外線のダメージが与えられて起こる現象です。両方のダメージが重なると、脱毛効果や痛み、肌トラブルなどの悪影響が出るため、脱毛期間中の日焼けは避けるべきとされています。
日焼けをした場合、通常よりも脱毛効果が落ちてしまうでしょう。皮膚は紫外線の刺激を受けると、防衛反応によってメラニン色素を生成します。肌に含まれるメラニン色素の量が多くなってしまうので、日焼けをしていると毛や毛根のメラニン色素に集中して照射ができません。日焼けをしていないときと比べると照射の効率が悪くなるため、脱毛の効果が低くなります。
また、日焼けをすると、熱ダメージによって皮膚は熱を持ちます。皮膚の中の水分が蒸発して失われるため、肌が乾燥するでしょう。乾燥して熱を持った肌は刺激に敏感になるので、脱毛の施術に強い痛みを感じやすい傾向があります。また、日焼けをするとメラニン色素の量も増えるため、脱毛機が必要以上に反応して、肌に余計なダメージを与えやすいのも痛みを感じやすくなる原因です。
日焼けは軽いやけどのような炎症であり、肌の抵抗力が落ちています。脱毛でさらにダメージが加わると、肌トラブルが起こりやすいでしょう。施術後も赤みや腫れが長引いたり、痛みが続いたりするかもしれません。

どれくらいの日焼けがNGなのか

紫外線は日光にも多く含まれているので、全く紫外線を浴びない生活は難しいでしょう。脱毛の予定があるときは、肌の負担を減らすために紫外線のダメージを考え、対策を行う必要があります。
紫外線のダメージを考えなければならない目安は2~3カ月です。日焼けをした季節によって目安の期間や対応は変わります。
春や冬では、日光に含まれる紫外線の量が少ないため、2カ月以内に紫外線対策をせずに屋外で活動してもあまり肌は焼けません。日傘やクリームなどで紫外線の対策を行うと、さらに肌へのダメージを防ぐ効果は高まるでしょう。日焼けをしにくい環境なので、脱毛の施術は受けられる可能性が高くなります。しかし、日焼けの色が残っていたり、日焼けサロンなどで肌を焼いたりした場合は脱毛ができない可能性があるため、注意が必要です。
夏や秋は、肌を露出する機会が多い季節です。そのため、春や冬よりもしっかりと紫外線の対策を行う必要があるでしょう。3カ月以内に日常生活の中で紫外線を浴びる機会があっても、紫外線対策を行っていた場合であれば、高い確率で脱毛を受けることが可能です。紫外線対策を行っていなかった場合、日焼けの度合いは人それぞれ異なります。判断の材料は肌の炎症度合いやメラニン色素の量などです。日焼けが心配であれば、脱毛が可能であるか看護師やドクターに確認してもらいましょう。

もし日焼けしてしまったらどうなるの?

基本的に、肌の色が変わるほど日焼けをしてしまった場合は、脱毛ができなくなってしまうでしょう。脱毛によって肌へのダメージが強まったり、脱毛の効果が落ちたりするためです。炎症の度合いや色の濃さなど、日焼けの詳しい判断基準はサロンやクリニックの方針によって異なります。肌の炎症を落ち着かせるため、1~2カ月ほど期間を空けなければいけないでしょう。無理に施術を行えば、脱毛を順調に進められず、ひどい肌のトラブルを招くかもしれません。
脱毛は、毛の生え変わりの周期に合わせて行われます。毛が生え変わる時期に施術を行うと、高い脱毛の効果が発揮できる仕組みです。日焼けによって施術の予定が延期されれば、生え変わりの周期とずれてしまう可能性もあるでしょう。そのため、脱毛の効果が低くなるかもしれません。脱毛が完了する期間が、通常よりも伸びてしまう可能性もあります。脱毛の基本料金には施術の回数が決められているため、追加で施術を行ってもらうには追加料金が必要です。予定していた金額よりも、高い料金がかかる場合があるでしょう。
脱毛の施術ができないと判断された場合は、看護師やドクターの指示に従わなければなりません。肌はデリケートであるため、無理をしてダメージを与える行為は禁物です。

日焼けしてしまったときの対処は?


紫外線のダメージなどで日焼けをしてしまった場合は、すぐにケアを行えば肌の炎症を抑えられるでしょう。日焼けの対処方法には、保湿・化粧品・ビタミンCの補給によるケアがあります。
日焼けをすると乾燥しやすいため、しっかりと肌に水分を与える保湿が重要です。日焼け止めを塗っていた場合は落として、化粧水を塗りましょう。日焼けをした肌は炎症が起こっているのでとても敏感になっています。そのため、日焼けをした当日にケアを行う場合は、刺激が少ない敏感肌用の化粧水を使用するとよいでしょう。しかし、化粧水をつけて痛みを感じたときは、すぐに洗い流して肌への余分なダメージを防ぎます。化粧水ではなく、消炎効果のある成分が含まれた保湿クリームや、ワセリンなどの軟膏を塗るのがおすすめです。
日焼けをした翌日以降に炎症が治まったら、肌の質を向上させるケアを行いましょう。日焼けをそのまま放置しておくと、シミやシワなどになってしまいます。肌のダメージが早く回復できるように、適した成分を選ぶのが重要です。
美肌化粧品には、肌の質を向上させる成分が豊富に含まれています。肌の状態や作用に適した化粧品を選ぶとよいでしょう。しかし、美肌化粧品には高い美肌効果が期待できる反面、刺激が強い特徴があります。痛みなどを感じたときは使用を中止し、低刺激の化粧品へ切り替えが必要です。
また、肌のダメージを回復させる成分としては、ビタミンCが有名でしょう。ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えて還元させたり、細胞を活発に働かせたりする作用があるとされています。色素沈着を防ぐので、日焼けによる肌色の変化を長引かせずに済むかもしれません。さらに、細胞の生まれ変わるサイクルのターンオーバーを整える効果も期待できるでしょう。化粧品で摂取するのもよいですが、ビタミンCはオレンジ・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類や、イチゴ・キウイ・アセロラなどの果物にも多く含まれています。水に溶ける成分であるため、摂取し過ぎる心配はありません。肌に合う場合は積極的に摂取するとよいでしょう。

肌のことを一番に考えることが大切!


脱毛を行う上で、気を付けたいのが紫外線などによる日焼けです。度合いによって差はありますが、日焼けは肌に大きなダメージを与えるでしょう。脱毛も同じように毛や毛根へダメージを与える行為のため、日焼けをした場合は脱毛の施術を行えません。脱毛を順調に進めたいのであれば、しっかりと紫外線対策を行い、できるだけ日焼けする機会を減らす工夫をしましょう。
しかし、日焼けをしてしまった場合は施術の予定を延期し、薬や化粧品などで炎症を抑える対策をする必要があります。無理に施術を行って肌を必要以上に傷つければ、さらに脱毛を進めにくくなるでしょう。もし日焼けしたら、看護師やドクターの指示に従って、最善の方法を選択します。肌は刺激に敏感であるため、肌を大切に考えて脱毛を進めるのが重要なポイントであるといえるでしょう。少しの刺激でも炎症を起こしやすい場合があるので、肌の状態に合わせた調整をしなければなりません。
脱毛クリニックは医療機関であるため、万が一、肌に炎症が起きたときでも適切な対処を行うことが可能です。医療行為に該当する高度な施術を行える特徴もあるため、高い脱毛効果を求める多くの女性に支持されている傾向にあるでしょう。もしものときに備えるなら、脱毛クリニックが安心です。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら