美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
脱毛には保湿が大切!メリットとケア方法を紹介
体中のムダ毛を薄くすることができる脱毛は、多くの女性にとって魅力的な 方法です。

脱毛にはいくつか種類がありますが、特に医療レーザー脱毛を行えば、半永久的にムダ毛の処理をする必要がなくなります。

ただし、魅力的な脱毛も、施術をすれば簡単にムダ毛がなくなるわけではなく、自分で保湿を行うといった準備を整えることも大切です。

そこで、今回の記事ではなぜ保湿が脱毛には大切なのかを詳しく解説し、具体的な保湿方法や注意点などもあわせて紹介していきます。

脱毛を検討している人の中には、なぜ脱毛中は保湿をしなければいけないのかわからないという人もいるかもしれません。

脱毛と保湿の関係についてよく知らないと後々肌トラブルを引き起こす可能性があるので、脱毛に関する正しい知識をぜひ身につけていってください。


脱毛前後に保湿が重要な理由

脱毛前後に保湿が重要

保湿は肌に潤いを与えるだけではなく、肌を強くする役割も持っています。

乾燥した肌は傷つきやすくガサガサになることでわかるように、潤いのない状態は肌を守るバリアがないため、ダメージに対して弱くなっています。

脱毛はどのような方法でも、少なからず肌にダメージを与える可能性があります。そのため、脱毛前にしっかりと保湿を行い、肌を強くしておくことが重要です。

また、脱毛前の保湿をきちんと行うと、光脱毛や医療レーザー脱毛による光やレーザーが通りやすくなるメリットが得られます。光やレーザーがまっすぐ毛根に到達できれば脱毛の効率が上がり、思ったような効果が期待できることでしょう。

一方、脱毛前だけではなく、脱毛後もしっかりとした保湿をする必要があります。脱毛後は肌がダメージを受けている状態なので、保湿で肌をケアしなければなりません。光脱毛や医療レーザー脱毛による肌ダメージはやけどに近く、肌が赤くなったりヒリヒリしたりすることが多いです。

脱毛機から発せられる光やレーザーは、色素に反応して熱を出す特殊なものであり、通常は毛に含まれているメラニン色素に反応します。濃くて太い毛が生えているところは光がより反応しやすくなるため、熱によるピリッとした痛みを感じやすくなります。

痛みを感じるということは肌がダメージを受けているということなので、光やレーザーを照射した後には、保湿を行い肌の回復を早めることが必要です。

また、皮膚内にも少なからずメラニン色素はあるため、地肌が黒い人は脱毛により肌が直接ダメージを受ける可能性も考えられます。いずれにせよ脱毛後には保湿を徹底して行うことで、肌の回復に努めることが重要となります。

効果だけじゃない!保湿のメリット

もう少し詳しく脱毛前に保湿をするメリットを見ていきましょう。

保湿が徹底されている肌では、光やレーザーが毛根まで浸透しやすくなり、より多くの脱毛効果が期待できます。

乾燥してガサガサになった肌では、光やレーザーが多くの障害物によってじゃまされるため毛根まで届きづらくなります。脱毛の際にはきめが細かい肌であるほうが効率的なので、保湿を行って肌を整える必要があります。保湿を行うと毛穴が小さくなるメリットもあるので、きめ細かい肌を作るために保湿は欠かすことができないものです。

ちなみに、なぜ保湿を行えば毛穴が小さくなるのかというと、乾燥していると毛穴が開いて肌を乾燥から守るための皮脂多く分泌されるためです。肌が乾燥すると体は皮脂を多く出そうとします。

そのため、皮脂の出口である毛穴も大きく開いてしまうのです。体調や季節などの理由によって肌が乾燥しがちなら、特に保湿を行って乾燥を食い止めることで毛穴を小さく保つことが可能となります。乾燥によって肌のバリア機能が弱まっていると、脱毛中に肌の痛みを感じやすくなります。

痛みをより多く感じるとその分施術後に肌トラブルを引き起こす確率も高まってしまうので、保湿を行ってバリア機能を強くしておく必要があります。

施術後の肌トラブルが長引いてしまい、次回の施術予定日までに改善されなければ、施術を受けられない恐れもあります。

光脱毛や医療レーザー脱毛は毛周期に則って施術を行うため、1度大きく予定を変更してしまうとその後の脱毛効率に悪影響を与えてしまうので注意しなければなりません。効率よく脱毛を行うためにも、スキンケアを徹底することは必要不可欠だといえるでしょう。

また、保湿は埋没毛の予防にもつながるというメリットがあります。埋没毛は毛が皮膚内から外に出られない状態の毛で、角質化して硬くなった皮膚が原因です。

間違えた毛の処理をしたり肌にダメージがあったときにできやすくなります。埋没毛は悪化すると色素沈着や毛嚢炎を引き起こしてしまうため、極力発生しないように事前にケアしてあげる必要があります。

脱毛中のおすすめの保湿ケア方法

脱毛中のおすすめの保湿ケア

普段から保湿ケアを行っているという人も、脱毛中の1〜3年の間は特に徹底したケアを行いましょう。

顔脱毛をしている場合は、肌がしっとりするまで時間をかけて丁寧に化粧水を重ね付けしていきます。

時間がないからといって化粧水を顔にペチペチと叩きつけるように塗るのは厳禁です。

そのようなことをしても肌に化粧水が浸透しやすくなるわけではなく、逆に肌に対して負担をかけてしまうのでやめましょう。化粧水を顔につける際には指先だけを使うのではなく、手のひら全体で顔を覆うようにしてなじませていきます。化粧水は潤いを与える役割を果たしますが、そのままにしていると水分が蒸発してしまいます。

化粧水後は乳液や美容液、クリームでフタをして蒸発を防いでください。

乳液やクリームなどには油分が含まれているため、潤いを肌に閉じ込めてくれます。乳液よりはクリームのほうが油分は多いですが、油分が多ければ良いというわけでもないので、バランスを見てどちらが自分の肌の状態に適しているかで判断しましょう。

脱毛の施術日は特に入念に保湿ケアを行い、肌ダメージを減らす工夫をしてください。

ムダ毛を脱毛する場合は、施術予定箇所に化粧水で潤いを与えたあと、油分が含まれた保湿クリームでケアしていきます。体の皮膚は顔に比べて厚い箇所も多いため、顔ほど入念に保湿ケアをする必要はないケースもあります。

しかし、乾燥肌の人や皮膚が弱い人、施術時に痛みを感じやすい人は顔と同じく丁寧な保湿ケアをしてあげてください。

太く濃い毛が生えている箇所は、薄い皮膚を守るために毛が濃くなるという理由があります。

ワキやvioラインの脱毛をする際には、とりわけ保湿に気を使っていきましょう。

ケアをするときの注意点

化粧水や乳液は、さまざまなメーカーからさまざまな商品が売られています。

中には肌に刺激を与えるものもあるので、スキンケア用品だから何でも良いというわけではなく、肌に優しいタイプのものを選ぶ必要があります。

化粧水のさっぱりタイプによく見受けられる、清涼感がありスースーするタイプのものは、肌に少なからず刺激を与えると考えられます。アルコールやメントールなどの成分が該当しますが、これらは肌への化粧水の浸透をよくしたり、抗菌作用があったりするなどのプラスもありますが、肌への刺激というマイナスもあるので注意してください。

清涼感のあるスキンケア用品が好きな人でも、脱毛中の使用は避けるべきといえるでしょう。

同様に、化粧水を温めるのも肌に刺激を与える可能性があるので注意してください。スキンケア用品は多くのメーカーで温めることを想定して作っていないため、温めてしまうと成分が変質する危険性があります。

必ず変質するとは限りませんが、肌への負担が未知数なので通常の使い方以外の使用法は避けてください。

 

高い脱毛効果を得たいなら保湿を徹底!

高い脱毛効果を得たいなら保湿を徹底!

ムダ毛処理の手間や時間を減らせる脱毛は、保湿ケアを徹底した上で施術を受けることが重要です。

肌が荒れている状態での施術では思うような脱毛効果を得るのは難しくなりますし、施術自体を延期しなければならなくなる恐れもあります。

脱毛には毛周期を意識した最適な時期があるため、脱毛効率を上げるためにも次回の施術予定日にきちんと脱毛を行える肌の状態にしておきましょう。

脱毛の際に肌が気になるようなら、施術後のアフターケアが手厚く、医師も常駐しているクリニックでの医療レーザー脱毛がおすすめです。光脱毛は医療知識のないエステティシャンでも行えるため、アフターケアが期待できないデメリットがあります。

万が一、脱毛中に肌トラブルが起きてもすぐに相談できるクリニックでの医療レーザー脱毛は、光脱毛と比較して安心感に大きな違いがあることでしょう。

脱毛と保湿には深い関係があります。脱毛中は努力を惜しまず保湿で強い肌を作り、効率的な脱毛を目指してください。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら