美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

脇毛は露出の多い夏場はもちろん、できれば1年中きれいにしておきたい箇所のひとつです。しかし、脇は皮膚が薄くデリケートなため、肌荒れや黒ずみなどのトラブルが発生しやすい箇所でもあります。確かに念入りにケアしすぎると肌が傷ついてしまいますが、処理が甘いと悪目立ちしてしまうのが難点です。しかも、脇毛の生え始める思春期からずっと処理を重ねてきた脇には、目に見えないダメージが蓄積されています。昨今ではカミソリや電動シェーバーのほか、ブラジリアンワックスや家庭用脱毛機など、ムダ毛処理の方法にもさまざまな選択肢が生まれつつあります。トラブルを避けるためにも、できれば肌に与えるダメージが少なく、かつ脱毛効果が高い方法も選びたいものです。そこで、自分でできる脇毛処理の種類やリスク、安全性の高い自己処理の方法などを紹介します。

脇のムダ毛を剃る方法

自宅で脇毛を処理する場合、もっとも手軽なのはカミソリや電動シェーバーを使う方法です。カミソリはドラッグストアなどで安価で手に入ります。電動シェーバーはカミソリよりも値段が張りますが、一度購入すれば継続して使えるので、カミソリ負けしてしまう人や肌の弱い人におすすめです。ただし、いくら手軽だからといっても、いきなりカミソリや電動シェーバーを肌に当ててはいけません。処理する前に、まずは下準備をしましょう。最初にお風呂やシャワーで毛を温め、柔らかい状態にします。入浴するのが面倒な場合は、蒸しタオルを当てるだけでもかまいません。ただし、入浴中は脇毛だけでなく皮膚まで柔らかくなっているので、そのまま刃を当てると肌を傷つけてしまうおそれがあります。処理をするならお風呂から上がったあと、ある程度肌が乾いた状態になってからにしましょう。次に、脇にワセリンやボディクリームを塗って肌を保護します。シェービングフォームやジェルは皮脂を奪ってしまう性質があり、処理後に肌が乾燥してしまう可能性があるので、脇毛の処理には向いていません。また、せっけんやボディソープをシェービングフォームの代わりにするのもやめましょう。洗浄力が強すぎて、肌荒れの原因になってしまう可能性があります。剃るときは毛の流れにそって刃を動かし、なるべく1回で終わらせるように心がけましょう。何度も刃を当てると皮膚まで傷ついてしまい、傷や色素沈着を作る原因になってしまいます。処理を終えた後は、水で冷やしたタオルや保冷剤を当てて肌を冷やしましょう。カミソリや電気シェーバー、脇毛だけでなく肌の角質も一緒に削ぎ落してしまうので、処理後の肌は非常に敏感になっています。冷却することにより火照りをしずめるとともに肌が引き締まり、毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。また、乾燥しやすい状態でもあるので、冷やしたあとは化粧水やクリームでしっかりと保湿をしましょう。使ったあとの電動シェーバーは水洗いをして、よく乾燥させてからしまいます。カミソリは1回使ったものは処分して、新しいものを使いましょう。刃こぼれしたカミソリは剃り残しの原因になるうえ、肌にも負担をかけてしまうおそれがあります。ちなみに、カミソリや電動シェーバーは、お風呂場や洗面所のように水気の多く雑菌が繁殖しやすい場所に放置してはいけません。雑菌のついたカミソリやシェーバーを使うと、目に見えない小さな傷口や毛穴からから雑菌が侵入し、トラブルを起こす場合があるので気をつけましょう。

脇のムダ毛を抜いて処理する方法は?


カミソリや電動シェーバーでは、肌の中に埋まっている毛根までは処理できないため、すぐにポツポツと毛が生えてきてしまうのが難点です。なるべくムダ毛のない状態を長持ちさせたいという場合は、毛を抜くという方法もあります。毛抜きで1本1本抜くのは時間がかかりますが、脇のように狭い範囲を処理する場合やもともと毛の少ない人は、それほど手間をかけずに処理できます。毛抜きでは処理が追いつかない場合は、ブラジリアンワックスや除毛クリーム使うのもひとつの方法です。ブラジリアンワックスとは粘り気のあるワックスを除毛したい箇所に塗り、その上に紙を貼りつけ、一気に剥がすことで毛を抜きます。ただし、1回で処理できるようになるには慣れが必要です。除毛クリームなら塗ってしばらく放置するだけで、薬剤が毛を溶かしてくれるので、洗い流すだけで処理が完了します。毛抜きやブラジリアンワックスと違って痛みは感じませんが、脇毛のように固く強い毛は薬剤の浸透しにくく、処理しきれないことがあります。また、クリームと相性が悪いと出血したり、肌荒れを起こしたりする場合もあるので注意が必要です。お風呂の中でも使えるタイプの除毛クリームや、敏感肌向けのクリームもあるので、肌質や用途に合ったものを選びましょう。家庭用脱毛器は即効性こそありませんが、毛そのものを細くしたい人や、本数を減らしたい人におすすめです。繰り返し使ううち、徐々に毛の生えるスピードが遅くなり、ツルツルの肌が長持ちします。こまめに自己処理する必要がなくなるので、肌にかける負担を最小限におさえることができます。

自宅で処理するのにベストな方法は?

自己処理にはさまざまな方法がありますが、毛を剃ったり抜いたりするのは、基本的に肌へ大きな負担をかけてしまいます。なるべく肌を傷つけず、確実に自己処理をするのであれば、家庭用脱毛機がおすすめです。家庭用脱毛機のしくみは、エステサロンなどで使われる光脱毛とほぼ同じと考えて良いでしょう。光を照射することで毛根にダメージを与え、新しい毛を作り出す細胞そのものを破壊します。そうすると、少しずつ生えてくる毛の量が減り、最終的には処理が必要なくなるのです。ただし、家庭用脱毛機はサロンの脱毛機よりも出力が弱いため、効果が実感できるようになるまである程度の時間を要します。なるべく早く脱毛したいからと毎日のように使ったり、長々と光を照射したりすると、やけどを負ってしまうおそれがあるので気をつけましょう。サロンでは肌を冷やしながら脱毛を行いますが、家庭用脱毛機には肌を冷やす機能はありません。脱毛機を使う前にしっかりと肌を冷やし、処理後も念入りにアフターケアをしましょう。また、家庭用脱毛機は黒い色素に反応します。処理したい箇所にホクロやアザがあると、そこにも熱が集中し、やけどを引き起こす可能性があります。あらかじめ絆創膏などで保護したうえで処理を行いましょう。傷や肌荒れがある場合は悪化してしまうおそれがあるので、家庭用脱毛機の使用は控えてください。使い方にいくつかの注意点はありますが、家庭用脱毛機は正しく使えば皮膚にダメージを与えることなくムダ毛処理が可能です。カミソリや毛抜きによる処理では肌荒れしてしまうという人は、家庭用脱毛機の導入や脱毛サロン、医療脱毛クリニックに通う事を検討してみましょう。

他の方法はなぜ避けたほうがいいの?


脇は生えてくる毛の強さや濃さに反して、皮膚そのものは弱くダメージを受けやすい箇所です。間違った自己処理を繰り返すことで、色素沈着や肌荒れを起こしてしまうこともあります。自己処理のトラブルで特に多いのが埋没毛です。埋没毛とは皮膚の内側で発毛し、そのまま成長してしまった毛のことを言います。肌の表面に露出していないので、カミソリやシェーバーでは処理できません。毛の成長が止まれば、ターンオーバーとともに自然に排出されることもあります。しかし、排出されなかった場合は皮膚を裂いて強引に取り除かなければいけません。肌に負担がかかるのはもちろんのこと、傷あとが残ってしまう可能性もあります。ただ、そのまま放置しておくと炎症を起こす原因にもなり、見た目もボツボツしてしまい美しくありません。こうしたダメージが積み重なると、肌は強くなろうとして角質化を起こします。角質化した肌はザラザラ、ゴワゴワした手触りに変わり、さらにメラノサイトという色素を作ります。脇はもともとメラニン色素が発生しやすい箇所です。メラニン色素は本来であれば紫外線や物理的な刺激などのダメージから肌を守るために存在します。したがって、体にとって悪いものではありません。ところが、過剰なメラニン色素は脇の黒ずみや色素沈着などのトラブルにつながります。そのうえ、カミソリやブラジリアンワックスなどで無理やり角質を剥がしてしまうと、肌は乾燥しやすくなり、よりダメージに弱くなります。すると、体は防衛本能からますますメラニン色素を生み出すという悪循環におちいってしまうのです。仮に色素沈着を起こさなかったとしても、自己処理を繰り返すことにより毛穴がたるみ、ブツブツした質感の脇になってしまいます。美しい脇には毛の量や太さだけでなく、処理の方法も大きく関係しているのです。

肌トラブルに配慮した脱毛方法を!


脇毛の自己処理は、肌を傷つけてしまうリスクと常に隣り合わせです。アトピーや敏感肌など、デリケートな肌質の人はもちろん、皮膚が丈夫な人でも気をつけて処理をしなければ、将来のトラブルへつながりかねません。うまく自己処理できる自信がない人や、既に肌トラブルを抱えていて、これ以上悪化させたくないという人は、安全性の高い医療脱毛を利用しましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら