無料カウンセリング

Risk 医療レーザー脱毛は高い脱毛効果がある一方で、リスクも伴います。
施術によるリスクとその対処法についてあらかじめご確認ください。

医療レーザー脱毛は高い脱毛効果がある一方で、リスクや注意点もあります。アリシアクリニックでは施術後のお肌にトラブルが起こらないように、万全の体制づくりに努めておりますので、不安なことがあればいつでもお尋ねください。万が一の際も医師が常駐しているため、適切な処置と薬の処方を行うことができます。

  • 赤みやヒリヒリ感

    レーザー照射を受けた部位は、軽度の熱傷状態となり赤みが出ます。
    毛穴にかさぶたができることもありますが、これは正常な反応なのでご安心ください。ヒリヒリした痛みを伴う場合は炎症止めの塗り薬を無料で処方いたしますので、そちらをご使用ください。また、お肌が乾燥していると熱を感じやすく赤みが出やすいため、照射前後はしっかりと保湿ケアをしてください。

  • 毛嚢炎
    (もうのうえん)

    レーザー照射によって、一時的に毛穴のバリア機能が弱くなることがあります。脱毛後、まれに「背中・胸などの皮脂腺が多い部位」や「ワキ・Vラインのように毛質が太い部分」などに、ニキビのようなもの(毛嚢炎)ができることがあります。照射による毛嚢炎は、あくまで一時的なものなので1~2週間程度で自然に治癒しますが、さらに数日経過しても治らない場合はクリニックにご相談下さい。

  • 炎症、むくみ

    炎症性浮腫といって、医療レーザー脱毛の経過で必ず起こるものです。照射を受けた毛穴周囲の炎症によるものなのでご安心ください。

  • やけど

    レーザー脱毛でのやけどの危険性はゼロではありません。アリシアクリニックでは、照射をおこなうすべての看護師に対して、しっかりとした研修や定期的な勉強会をおこない、やけどのリスクをできる限り抑える努力をしております。
    万が一やけどが起こってしまった場合にも迅速に対応いたしますのでご安心ください。
    また、「極端な日焼けをされている方・もともとの肌の色が濃い方・極端な乾燥肌の方」はやけどが起こる可能性が高くなりますので、スタッフにご相談ください。

  • 色素沈着

    照射後1ヶ月は、強い日焼けや摩擦などの刺激で、一時的にシミのような色素沈着が残る場合があります。脱毛期間中は必ず日焼け止めを使用し、過度の日焼けや強い刺激(ゴシゴシ身体を洗うなど)を皮膚に与えることはお控えください。

女性スタッフが対面の女性に資料を使って説明をしている様子

Care 施術前のお願いとアフターケアについて

より高い脱毛効果を実感いただくために、以下の施術前後の注意事項をご確認ください。

  • 01 施術前のお願い

    • 脱毛箇所をシェービングした上でご来院ください

      脱毛箇所をシェーバーなどで剃毛の上、ご来院ください。「えり足(うなじ) 」、「背中」、「腰」、「Oライン 」については、手の届く範囲で自己処理をお願いしております。

  • 02 施術前後のご注意

    • 日焼けしないようご注意ください

      極端な日焼けをしている方や紫外線のダメージがある方には施術を行えない場合がございます。
      また術後は色素沈着のリスクがございますので、日焼け止めを使用するなど紫外線対策をお願いします。

    • 一般的な予防接種において、接種後3日間は”接種箇所”を避けて照射いたします

      予防接種から3日経過後も赤みや腫れ等の炎症が見られる際は、炎症箇所を避けて照射させていただく場合がございます。新型コロナワクチンについては接種後3日間は施術をお受けいただけません。

  • 03 施術当日のご注意

    • 施術直後のメイクについて

      極端な乾燥や炎症がない場合は、すぐにメイクしていただいて問題ございません。脱毛後はシミになりやすいため、日焼け止めの使用を推奨しております。

    • 施術箇所の保湿について

      お肌の保湿は普段お使いの化粧品をご使用いただけます。ただしお肌に刺激が強いものは使用しないようご注意ください。

    • 施術当日は激しい汗をかく行為はお控えください

      運動・飲酒などで代謝が上がると施術箇所に赤みや痒みが出る場合がございます。
      入浴の際も、湯船には入らずぬるめのシャワーでお済ませください。また、ゴシゴシ擦る等の刺激も与えないようにしてください。

!

トラブル時の処置について

施術後にお肌のトラブルを感じたときは、クリニックまでご連絡ください。
無料にて診察を行います。